食卓にどうですか?

皆さんこんにちわ!福島県の南相馬市を拠点とし、相双地区で 工務店をしています。

有限会社 鈴木工建 自然派健康住宅 ベルウッドハウス の職人専務ことkazuです。

本日は、浪江町I様邸のテーブル製作を会社の工場にておこないました。

では早速ごらんください。

 

いきなりですが、材料は木曽の桧です。立派ですね~これが天板になります。

なんといってもこの大きな節がいい味出してますよね。

このままの状態でも立派なテーブルになりますが、わたくし専務は妥協を許しません。

きれいに加工した天板にしゃくりをいれます。

このしゃくった部分にある物を入れるんです…

そのある物とは…ケヤキ材です。アクセントとしてだけでなく、ここに使用する材料は、

古くからI様の自宅にあった物で、100年近く昔のI様宅を建てた時に使用した材料を

製版した際にでた物で工事が始まる前にI様から何か使えるようなところが

あれば使って下さいと言われ預かっていた物をここで使用させていただきます。

かなり狂いがあり製材にてこずりながらもなんとか納まりました。

気になる仕上がりはこんな感じです。

思い入れのあるケヤキ材は毎日家族で食事するテーブルに収めました。

それにしてもケヤキの色と言い目といいきれいですね。桧との相性もばっちり!

天板のみならず脚部となる部分にも木曽桧をしようします。

受け木と足にもちょっと手を加えて豪華さをだしました。

本日の作業はここまで、引き続き作業状況を報告しますね!

専務でした。



このページのトップへ