代表取締役 社長 鈴木 安泰 (2級建築士)

お客様の笑顔が明日への活力になる

昭和63年に創業し、かれこれ20年の月日がたちました。地元の皆様に支えられ会社の経営を続けられたこと日々感謝いたしております。

時代が変わり大手ハウスメーカーの参入そして不景気による着工戸数の減少そんな状況の中お客様は本当の家づくりを忘れかけているのではないでしょうか。

すめればいい、安ければいい、そんな言葉を耳にする現状で、本来あるべき姿の住宅の重さが薄れてきているように感じます。

住宅とは愛する家族と安心して快適に愛情を育む場であると私は考えます、多くの方が新築後落ち着かない空間に対して悲鳴を上げています。一生に一度の大きな買い物をそんなカタチで終わらせたくない。ただそれだけなのです。

私たちは、これからも時代の流れにとらわれることなく、自社の信念を強くもち、多くのお客様に笑顔が生まれるお客様にあったオンリーワンの家造りを提供して参ります。

専務取締役 鈴木一成 (2級建築士)

「常に最前線にいること」それがお客様に反映される!

お世話になっております。鈴木工建専務の鈴木です。

私は父の経営する有限会社鈴木工建に平成15年に入社し入社9年目になります。建築業は奥が深く、まだまだ未熟な私ではございますが、父からの教え、そして技術をしっかりと守り、常に新しい情報を集め、自社に合うもの合わないもの、お客様に好まれるもの好まれないものを探究し、お客様の目線にたったご提案を心がけてまいりました。

平成21年には、自然派健康住宅ベルウッドハウス建築事業部を立ち上げ、人体に安全・安心・健康の三拍子そろった家づくりを提供しております。さらには太陽光発電システム事業にも力を入れ、「安全・安心・健康」プラス「エコ」な住宅をこれから皆様にご提供してまいります。


このページのトップへ